パソコンの前での食事

一人暮らしをするようになってからは、よく食事、とくに朝食や夕食、をパソコンの前で食べることが多くなりました。実家暮らしのときはテレビを観ながら食べることがほとんどでしたが、今はテレビを持っていないため、パソコンが主な娯楽になっています。

パソコンでメールやSNSを開けた状態にしておき、その状態で動画サイトなどで面白い動画を再生しながら食事をすることが毎日の楽しみの一つです。でも本当はこういった習慣は良くないと分かっています。何かをやりながら食事をするとつい食べるつもりがないものも食べてしまう、と聞いたことがあります。

自分が何を食べたかあまり自覚しなくなるみたいです。また、最近気づいたんですが、パソコンのキーとキーの間にパンやソースの液体が詰まってしまっていることが多々あります。パソコンの寿命も縮めているみたいなので、そろそろこの習慣をやめようと思っています。

久しぶりに図書館へ行ってきました。そのつもりはなかったのですが図書館は涼しくて、ちょっと長居してしまいました。するとこの涼を求めてでしょうか、年配の方を中心に閲覧室は人がいっぱいです。しかも妙にくつろいでいます。長期戦って感じで居座っています。

もしかすると、読書の季節は秋ではなく夏なのかもしれません。数冊の本を借りて喫茶店に入り、流し読みをしているとウトウトと気持ちよくなってきます。本は良質の睡眠誘導剤でもあります。陽ざしの強い季節ですから、家の中が一番かもしれません。そう考えると夏はやはり読書の季節かもしれません。

そういえば、トランサミンは止血効果がある医薬品ですが、アトピー症状にも効果を発揮するんだそうです。たとえば、アトピーによる、しっしん・かゆみなどの症状をやわらげる効果があるんだとか。くわしくは↓のサイトをみてくださいね。

トランサミンはアトピーとどんな関係がある?

user012 / 9月 26, 2017 / その他