食中毒になったときの症状

食中毒(食あたり)の場合、ある程度まではセルフケアで対応できますが、医療機関の受診が必要な場合もあります。その境界線はどこにあるのでしょうか。セルフケアで対処できるのは、下痢・嘔吐をともなう食あたりの一般的な症状で、その原因をある程度推測できるときです。例えば、暴飲暴食、過剰な飲酒などがそれに当たります。このような場合は、まずセルフケアで対処してみましょう。ただし、1〜2日安静にしても症状がよくならない場合は、医療機関を受診するのをおススメします。下痢や嘔吐だけでなく、発熱や重い腹痛がある場合は、感染性胃腸炎などの重い症状が考えられるため、すぐに医療機関を受診しましょう。特に注意が必要な症状は、長期にわたる下痢や血便、粘膜の混じった便、色が普段と異なる便(黒、白、緑、赤など)が出るといったものです。内臓疾患の疑いもあるので、必ずドクターに診てもらいましょう。食中毒の対処法では、薬の使い分けも重要です。特に、下痢止め剤の成分は、腸の活発な動きを抑えるもの、腸内の細菌を殺菌するもの、腸の害になる物質を吸着するもの、荒れた腸の粘膜を保護するものと様々なので、症状に合わない薬を服用すると逆効果になることがあります。例えば、食中毒を引き起こしている有害物質を腸から排出したいときには、腸の活動を抑える成分が入った下剤は避けなければなりません。30坪の外壁塗装相場はどれくらいなのか

user046 / 12月 11, 2017 / その他