日焼け

皮膚にとって大敵とも言えるのは紫外線ということができます。この紫外線によって日焼けが起こるわけですが、実は日焼けには二つのタイプがあるということができます。

一つは海水浴に行って急に日にさらされるために、肌が赤くなってヒリヒリし水泡ができたりするものです。これはサンバーン(やけど)というふうになります。もう一つですが、それは色素が増加して黒くなるもので、これをサンタン(黒化)するということになります。同じ紫外線でありながらこの世に2種類の日焼けが生じるのは、実は紫外線の採用を波長に違いがあるということができます。紫外線の波長には①180~280ナノメーター、②280~320ナノメーター、③320~400ナノメーターという3種類があります。これらの三つのうち、サンバーンは、どれなのでしょうか。それは②になります。また、サンタンは、どの市街戦になるでしょうか。それは③の波長です。それぞれの波長によって起こるものが違うということができるでしょう。ホスピピュアvio

user353 / 5月 3, 2018 / その他