皮脂膜

人間の肌には水と油がうまくバランスを保つということによって、皮脂膜を作っています。

この皮脂膜を作っている水と油とは一体どのようなものなのでしょうか。油というのは、もちろん皮脂のことをいいます。水は、99%水分から成り立っている汗のことをいいます。皮脂は、毛根から出てきますし、また、水は汗腺から出てきます。このように聞きますと汗が書かないときはどうなのだろうかというふうに思うかもしれません。もちろん水が出ているかどうかということがわかるためには、激しい運動をしたり、、気温が高かったりするなど、汗をかかなければ気がつかないということができるでしょう。ですが、寒い時においても、汗は出ています。その証拠に、肌を鏡に寄せてみると鏡は、多少を曇るのではないでしょうか。つまりこれは、人間の肌からは、いつも目に見えない汗が水蒸気の形で出ているということを示しています。そしてそれによって、肌がしっとりと保つような仕組みとなっているということです。アゲール-ナイトブラ

user353 / 7月 20, 2018 / その他