はじまりのうた(begin again)

元々、主演のキーラ・ナイトレイが好きだったことがきっかけで観ました。
この映画の魅力はなんといっても映画内の楽曲たちです!キーラ・ナイトレイが歌声を披露していて、そのハスキーで繊細な歌声に思わず魅了されてしまいます!
また、マルーン5のボーカル、アダム・レヴィーンがキーラの恋人役で出演しており、キーラとは対照的に、美しいハイトーンボイスを劇中で披露しており、私はこの映画をきっかけにマルーン5のファンになってしまいました!
以下、あらすじです。
キーラ演じるシンガーソングライターのグレタは、アダム演じる恋人のデイヴの浮気に気づき、別れを告げる。悲しみの中、友人に無理矢理立たされたステージで、音楽プロデューサーのダンの目に留まる。彼もまた、プロデューサーとして崖っぷちに立っていた。資金のない2人は、お金をかけずにグレタのアーティストとしてのミュージックビデオを撮るために、街のあちこちで撮影を始める。
歌が中心の映画というと、ミュージカルや、非現実的な演出などを想像しますが、この映画はいい意味でとても現実的だと思います。恋人の浮気や、うまくいかない人生、そしてそれらを受け止めて作られた歌は、切ない部分もありますが、同時にとても心に響き、忘れられなくなります。
ミュージックビデオ撮影シーンの街並みも美しいです。
初めて観た時から一番大好きな映画です!ぜひ観てみてください。
https://studioelshaddai.net/