花冷えの季節っていつのこと?類語も紹介

天気予報などで、よく花冷えの季節という言葉を耳にしますが、意味は何なのでしょうか?花冷えとは、桜が咲く季節に、陽気が定まることなく一時的に冷えることを言うのだそう。

花冷えの季節とは、まさにその時期を指すのですね。時期は、3月の下旬から、4月の上旬。

まさにお花見の季節となります。

桜も綺麗に咲いて、ぽかぽか陽気かと思いきや、急激に寒くなる日もありますよね。

お花見に行っても、意外と寒かったり。

下人は、北の冷たい空気を持った高気圧の南下なんだそうです。

花冷えは、そのような寒さを表す言葉なのです。

花冷えは、春の季語です。

手紙で使う場合、ここ数日花冷えの季節が続いておりますが~と使うのがいいでしょう。

類語としては・余寒 立春を過ぎても未だ寒い寒さを表す。

・春寒 立春より後の、再度ぶり返す寒さを表す。

・梅雨寒 梅雨の頃の季節外れの寒さを表す。2次会くん 口コミ

ちなみに、花冷え、余寒、春寒は春を表します。

梅雨寒は、夏を表す言葉だそうです。

user207 / 4月 19, 2017 / 生活